アイキララ妊娠中や授乳中でも使用可能!?

目元のトラブルに悩んでいる方に向けて開発されたアイキララ

今や数多くあるアイクリームの中でも上位人気でもある商品でした!

そんなアイキララですが、妊娠中授乳中の方でも使用は可能なのか気になったりもしませんか?

特に赤ちゃんには害がないのか気になりますよね。。。

「目元のクマやたるみは気になるけど、赤ちゃんに影響が出るなら使えない。」

当たり前ですが、危険性があるなら使用はできないですね。

ですのでこの記事では、アイキララの安全性をチェックして妊娠中や授乳中の方でもアイキララが使えるのか調べてみました!

アイキララの危険性は!?


アイキララは危険性があるのか知る為にアイキララに含まれている成分を調べてみました。

下記がアイキララに含まれている全成分になります。

↓ ↓ ↓ ↓

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

アイキララに含まれている成分の中に危険性があるのか調べてみましたが子供に悪影響が及ぼすような成分は無いに等しいです。

アイキララは飲み薬でもありませんですし、皮膚には浸透しますが、体内まで浸透するものでもないので率直に言うと妊娠中や授乳中の方でも使用は可能です。

ちなみにアイキララは肌に刺激が強いとされる「防腐剤」などは含まれておらず、無添加で作られているので誰でも使えます!

言ってしまえば子供でも使えます。

ですので、アイキララに含まれている成分の中には危険な成分が含まれていないに等しいです。

ただ、あなた自身の肌に必ずしも合うとは言い切れません

こればっかりは使ってみないと分からないのが正直なところです。

他の商品でも言えることです。

ですので、アイキララには万が一肌に合わなかった場合を考慮して返金保証というものが付いています。

誰でも使える制度ですし、肌に合わなかった場合は返金してもらえるので安心してください^^

妊娠中や授乳中でもアイキララは使えます♪

関連記事

アイキララの使い方について

カテゴリー: 未分類 パーマリンク